ハムスターの語源・由来


【意味】
キヌゲネズミ科キヌゲネズミ亜科の総称。普通ゴールデン-ハムスターをいう。体長15センチメートルほど。毛は絹毛状。顔が丸く、頬嚢をもつ。背は明るい赤褐色。現在世界中で飼われているものは、すべて1930年にシリアで捕獲されたものから増殖された。実験動物、愛玩用。

【語源・由来】
「ハムスター」は、顔が丸く頬嚢があり、その中に餌を蓄えることから、溜め込むという意のドイツ語「hamstern」からとされる。1930年にシリアで捕獲され飼いならされたもの。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事