はがき【葉書】の語源・由来


【意味】
郵便用の規格の用紙。

【語源・由来】
「郵便葉書」の略。もとは、紙片などに書いた覚書きの意で「端書(はがき)」と書いた。江戸時代には、借金の督促状、仮の徴税令書、伊勢国の紙幣などを「はがき」といい、郵便制度を導入した明治以降、郵便葉書を指すようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事