パピヨンの語源・由来


【意味】
哺乳類綱食肉目イヌ科の動物。家畜犬の1品種で、別名バタフライスパニエルともよばれる小形愛玩犬。

【語源・由来】
「パピヨン」は、蝶の意のフランス語「papillon」からで、パピヨンの耳の形が、翅を広げた蝶に似ていることから。元々は垂耳で、尾がリスに似ていたことから「スクウィール(リスの意)・スパニエル」と呼ばれた。後に、スピッツやチワワを交配させ、耳が立ち、蝶のような品種になったことから「パピヨン」と呼ばれるようになった。現在では、垂れ耳のものは「ファーレーヌ(蛾の意)」と呼ばれている。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事