ミカン【蜜柑】の語源・由来


【意味】
①ミカン属の一品種の温州蜜柑のこと。
②ミカン科のうちの特にミカン亜科ミカン属の樹、またその果実の総称。常緑低木で高さ約3メートルに達し、葉は長卵形または披針形で互生。葉柄には左右に翼がある。6月頃、白色5弁の花を開く。液果は、初めは緑色で黄橙色に熟し、香りがよく甘酸味があり食用。果皮は薬用または香料。ハッサク・ンツミカン・ユズ・ポンカン・ウンシュウミカンなど。

【語源・由来】
中国から伝わった「みかん」は、それまで日本にあった柑橘類と異なり甘かったことから、蜜のように甘い「柑子(かんじ・こうじ)」(柑橘類のこと)の意で、「蜜柑」と呼ぶようになったとされる。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事