みなと【港】の語源・由来


【意味】
船が安全に停泊できる設備を整えたところ。

【語源・由来】
みなとの「み」は「水」、「な」は古い連体助詞で「の」、「と」は「門」で、「水の門」の意。水(海)の出入り口をいった。『古事記』や『日本書紀』では、「水門」と表記されている。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事