まとをいる【的を射る】の語源・由来

【意味】
うまく目標に当てる。転じて、うまく要点をつかむ。

【語源・由来】
「的」は、弓矢中の練習をする際の目標。転じて、物事の革新の意味となった。「的を得る」は誤用。

スポンサーリンク
スポンサーリンク