まごのて【孫の手】の語源・由来


【意味】
背中など手の届かないところをかくのに使う、手の形に作った棒。

【語源・由来】
「麻姑(まこ)の手」が変化した語。「麻姑」は、鳥のように爪が長い、中国の伝説上の仙女のこと。麻姑の爪でかゆい所をかいてもらうと、非常に気持ち良いだろうと考えたということから。「神仙伝」より。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事