ひいらぎもち【柊黐】の語源・由来


【意味】
モチノキ科の常緑高木。セイヨウヒイラギともいう。

【語源・由来】
「ヒイラギモチ」は、葉にとげがあり、ヒイラギに似ていることから名付けられた。常緑で赤い球形の実を10月~12月につけ、目立つことから、古くから聖木とされ、クリスマスに実のついた枝を飾る習慣がある。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事