はいすいのじん【背水の陣】の語源・由来


【意味】
一歩もひくことのできない絶体絶命の立場。失敗すれば再起はできないことを覚悟して全力を尽くして事に当たること。

【語源・由来】
「史記」淮陰侯伝の、漢の韓信が趙を攻めたとき、わざと川を背にして陣をとり、味方に決死の覚悟をさせ、大いに敵を破ったという故事から。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事