やけぼっくいにひがつく【焼け木杭に火が付く】の語源・由来


【意味】
以前に関係があって一度縁が切れていたものがまた元の関係に戻ることのたとえ。多く男女の関係にいう。

【語源・由来】
「焼け木杭」は、焼けた杭のことで、「ぼっくい」は、「棒杭(ぼうくい)」が変化した語。一度焼けて炭化した杭は火が付きやすいことから。「焼け木杭」は「焼け棒杭」とも書くが、「焼けぼっくい」が一般的。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事