マリーゴールドの語源・由来

【意味】
キク科の一年草。メキシコ原産の観賞用植物数種の総称。高さ30~50センチメートル。葉は羽状複葉。夏に球状の頭花を開く。園芸品種が多く、花色は黄・橙赤など。孔雀草。紅黄草。万寿菊。

【語源・由来】
「マリーゴールド」の「マリー」は、聖母マリアのことで、聖母マリアの祭日にこの花が咲いていたことから、聖母マリアの金の花の意でマリーゴールドと名付けられたとされる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る