マグニチュードの語源・由来

【意味】
地震の全体としての規模を表す数値。Mで表し、震源のエネルギーが大きいほど大。震度とは異なる。

【語源・由来】
「マグニチュード」は、大きさや規模の意の英語「magnitude」から。「magnitude」は、ラテン語「magnus」に、性質、状態の抽象名詞をつくる「tude」を付けた語。1935年にアメリカの地震学者チャールズ・リヒターが定義したことから、リヒター・スケールともいう。「magnitude」には、恒星の明るさの等級の意味があり、チャールズ・リヒターが、天文学に関心があったことから、地震の規模に「magnitude」を採用したとされる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る