ふううんじ【風雲児】の語源・由来


【意味】
好機に乗じて世に頭角を表した人。

【語源・由来】
「風雲児」の「風雲」は、竜が風と雲とを得て天に昇るように、英雄豪傑などが世に頭角を表すよい機会、また、世が大きく動こうとする気運をいう。そこから、好機に乗じて世に頭角を表した人をいうようになった。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事