フリソデヤナギ【振袖柳】の語源・由来


【意味】
ヤナギ科の落葉低木。バッコヤナギとネコヤナギの雑種と推定され、切り花用に植栽される。アカメヤナギ。ピンクネコヤナギ。

【語源・由来】
「フリソデヤナギ」は、1657年、江戸でおこった「明暦の大火(振袖火事)」の火元である本妙寺(当時は本郷)の境内で発見されたことから。

50音インデックスで逆引き検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事